マンション経営をお考えの方へ
低迷する景気、長引く金融不安。今、個人資産は自分自身で増やし運用する時代です。 私たち株式会社GOLAZOは購入されたお客様にも、入居された入居者様にもきっと満足いく好立地で高品質なマンションを提供し、将来にわたり信頼され共に喜びを分かちあえるパートナーとなることを目指しております。
団体信用生命保険による生命保険
住宅ローンを使ってマンションを購入します。住宅ローンには団体信用生命保険が付保されており、保険料はローン金利の中に含まれています。一般の生命保険と比べ割安な保険になり、万が一、死亡、もしくは、言語機能を失うなど高度障害状態になったとき、残ったローンは全て保険で支払われるようになっています。ローン債務は弁済されご家族にはマンションが残り、長期にわたる安定した収入源を残すことができます。もちろん、売却して現金に換えることもできますので、生命保険の代わりにもなるわけです。
保険
年金対策
公的年金だけでは豊かな老後の生活が困難となる為、個人で私設年金を準備しておく必要があります。 資産運用型マンションは、マンションを購入し第三者に賃貸することにより家賃収入を得、その賃料でローン返済や経費などを賄っていきます。ローン返済が終われば、マンションは無借金の自己資産となりますが、「資産運用型のマンション」が注目されているのは、そこで終わりではないからなのです。無借金の資産になったマンションから、月々の家賃収入を得ることができます。この毎月の家賃収入を私的年金として利用することにより、公的年金での不足分を補っていくことができるのです。
年金
マンション経営による節税効果
マンション経営は、給与所得と不動産収入の2つの収入があるので確定申告をしなければなりません。その際に、必要経費として住宅ローン金利、管理費、固定資産税、都市計画税、建物や設備の減価償却費などが必要経費として計上できます。その必要経費が家賃収入を上回ることで、帳簿上の赤字として収入から差引かれ、税金の還付を受けることができます。ですので、源泉徴収で納めた所得税は必要経費分の税金を国税還付金として還付され、住民税は経費に応じて減税されます。
節税
インフレ等の経済状況の影響を受けにくい金融商品
マンション経営は、先物取引やFXのような投機的要素の強い金融商品と違い、低いリスクで長期的に安定した収入をもたらす資産運用方法です。将来の日本経済がインフレに見舞われた場合、現金・預金などの金融資産は価値が下がる可能性もあります。しかし、資産運用型マンションならインフレ時代においても家賃は大幅に下落することもなく、その時代の価値に合わせた収入を得ることができるのです。 そして、マンション経営では新築物件で手取り4%~5%の高利回りが見込め、月々のローンはその大半を家賃収入で返済することができるので、借入残高は減り、資産残高は増えていき貯蓄効果も生まれます。
金融商品